自作ゲームを公開するサイトの紹介

ゲームを配布しよう!でも……

自分で作ったゲームが完成したら、たくさんの人に遊んでもらいたいものだ。面白かった、楽しかった、……色々な感想ももらいたい。

しかし、自分のウェブページにアップロードしても誰も見てくれなかった……。

そんな経験はないだろうか?

ゲームを配布する時はただ配布するだけではダメで、必ず宣伝をする必要がある。

そんな時に役立つのが、フリーゲーム公開サイトだ。これらのサイトで公開することで、フリーゲームに興味のある人が見てくれる可能性が高くなる。

今回は、有名な公開サイトをいくつかご紹介しよう。

フリーゲーム夢現

mugen

現在、検索で一番上に出てくるサイト。3666作品投稿されている。

1つのゲームにつき2GBまでと非常に大容量なのが魅力だが、外部にアップロードすることも可能であり、柔軟なフリーゲームの公開ができる。

一番最初の投稿は確認できる限り2001年1月6日。

特徴

  • 2GBの大容量アップロード
  • Google検索でトップ
  • 他サイト等で多重公開可

投稿に必要なもの

  • ゲームタイトル
  • ゲームの簡潔な紹介文
  • ゲームの紹介文
  • 要点
  • ゲーム画面
  • 対応OS
  • 年齢制限、配布形式
  • カテゴリ
  • バージョン、サイズ、最終更新日時
  • コメント、評価の受付の可否
  • 制作者もしくはサークル名

ふりーむ!

furimu

2000年からの老舗サイト『ふりーむ!』。

ゲームのスクリーンショットも管理者が作成してくれる。また、プレミアムサービスが存在し、宣伝機能等を利用することができる。

配信数は10000作品以上。

投稿に必要な文章もテンプレートが用意されていて書きやすい。

特徴

  • 老舗サイト
  • 宣伝機能を利用できる
  • 配信数が多い

投稿に必要なもの

  • プラットフォーム
  • ゲーム名
  • キャッチコピー
  • ゲーム紹介文
  • バージョン
  • 動作OS
  • 動作に必要なファイル、ランタイム
  • 年齢制限
  • 自主規制表現
  • ゲーム説明書
  • readmeに著作者名、ゲーム名を記載

注意点

readmeにも規定があるので注意。私はミスって1回弾かれてます。

WOLF RPGエディター作品登録ページ

wolfrpg

SmokingWolf氏が開発したゲーム作成ツール『WOLF RPGエディター』で作られたゲームを登録できる。

より気軽に登録できるよう、未完成のものや体験版、初心者のものを登録する『初心者作品登録ページ』もある。

あくまで登録のみで、ゲームのアップロードは外部。ふりーむ!やフリーゲーム夢現にアップロードしている人をよく見かける。

また、同サイトでは『ウディコン』と呼ばれるコンテストも開かれている。

特徴

  • ウディタの公式サイト
  • 即時公開される
  • 未完成や初心者作品でも出せる場所が分けられている

投稿に必要なもの

  • 作品名
  • 作者名
  • ダウンロードURL
  • スクリーンショット

フリーゲーム総合サイト

furigesougou

フリーゲームを登録できるサイト。2002年より。

即時公開されるのが良い点か。他サイトよりはちょっと小さ目。

特徴

  • 即時公開される

投稿に必要なもの

  • ゲームタイトル
  • 本文
  • 1文紹介
  • スクリーンショット
  • ゲームの特長
  • ゲームレベル
  • 配布形式
  • 対応OS
  • ゲームの最新アップデート日
  • 一番見て欲しい点
  • 制作期間
  • 作者からプレイヤーへのコメント
  • 作者・制作サークル名
  • 公開サイト名
  • 公開サイトURL

公開のコツ

フリーゲームを遊んでもらうのに一番必要なことは宣伝力だ!

たとえどんなにゲームが良かったとしても、知ってもらわなければプレイしてもらえない。

フリーゲーム公開サイトをはじめ、twitterやホームページ、SNSや友人に宣伝してもらおう!

それでは良いゲームライフを!

カテゴリーGame

“自作ゲームを公開するサイトの紹介” への14件の返信

  1. はじめまして。自分は、Unityを始めて4年程(足掛けで)の者です。

    最近、自作しているゲームを、人に見てもらいたい気持ちが出てきて、
    方法を探していたら、このサイトを見つけました。

    投稿するゲームは完成していないとダメなのでしょうか?
    まだ、体験版くらいの内容しか作成できていないのですが、、

    このまま、誰にも見せずに完成まで作るには、気が重いので、
    今のうちから、見てもらい他人からの反響、意見等を知りたいです。

    上記しましたが、投稿するゲームは作りたい内容の一部でもよろしいのでしょうか?
    2か、3ステージなら春までを目途に作れそうです。
    あと、このページに記載されている方法では、無料で投稿できるのですよね?

    以上、質問させていただきました。返信お願いします。

  2. Tanakaさん、コメントありがとうございます、響音カゲです。
    すごく難しい質問なので、私の考えを書かせていただきます。人によっては全く違う回答になるかもしれません。

    投稿するゲームは最低限、プレイできるような状態になっている必要はあると思います。
    2, 3ステージあるのならば、最低限遊べる形になっているので、体験版とつけて公開してしまってもいいと思います。
    体験版の場合は、タイトルに「体験版」などと入れる必要があるところが多いです。

    また、体験版だったとしてもほかのゲームと同じように遊ばれるので、「もっと遊びたい!」と思えるような内容であると良いと思います。

    こういった場所に公開するだけでなく、自分の身近な人に遊んでもらうのも一つの方法だと思います。
    もしくは、SNSとかで仲のいい人に直接頼んでプレイしてもらうとか。
    正式公開前に直接意見や反響を聞きたいならこの方法がおすすめです。

    また、このページに書いてあるフリーゲーム公開サービスはすべて無料で利用できます。

    モチベーション続かないのはとてもよくわかります!
    私は結構小さい規模のゲームを作って公開してしまうことが多いです。
    言うて9割ぐらいは思いついて作ったけど完成してないですが……。

    ゲームを作っている仲間とかを探すのも一つの方法だと思います。

    うまくこのページの情報などを利用してもらって、たくさん遊んでもらえると私もうれしいです。
    Tanakaさん、応援してます!

  3. 早速のお返事ありがとうございます。

    今回、公開を希望している自作ゲームですが、ジャンルは3Ⅾアクションゲームです。
    PC(windows10)上でxboxまたはxbox oneのコントローラで操作できるのが確認とれてます。

    現在の仕様でほとんど全てのボタンを使用してプレイする内容になっています。
    そのため、とっつきが悪く、できることが多くために快適にプレイできるには、
    時間が掛かる内容であると自身でも思ってます。

    しかしながら、チュートリアルを作るのは、まだ、まったく手を着けていない状態です。

    ストーリーも最終的にはつけたいのですが、ストーリー パートも手を着けてません。

    ストーリーは体験版からつける方がいいのは分かるのですが、
    今のスキルでは、まだ、作れる自信がないので、かなり先送りになると思います。

    チュートリアルの話に戻りますが、今回はつけずに、操作説明をゲームの中に入れておくとかでも良いでしょうか?

    それから、SNSや身近な人にプレイしてもらうという案ですが、現在ゲームをしている知り合いが一人しかおらず、SNS上では知り合い自体作っていません。

    知り合いは、ゲームをプレイしてもらっていますが、そう熱心に意見を言ってもらえない?
    というか、アクションゲームでも、お話アリキでしか見ようとしないところがあり、
    アクション…という観点で、アリなのか無しなのかの意見は聞けません。

    今回の自作ゲームは、ゲームがうまい人が慣れる程に、
    スキルアップして好きなように、アクションを演出できるように作っているつもりなので、
    アクションゲーム好きにプレイしてもらいたいのです。

    長くなりましたが、投稿するしかない状況だとおもいます。
    ただ、投稿するのはまだ先です。

    体験版を1ステージで区切って、二、三回に分けて出そうとか思っているのですが、
    大丈夫でしょうか?

  4. Tanakaさん

    ご返信ありがとうございます。
    チュートリアルや操作説明をどうするかは難しいですね。
    面倒な時は、ステージ内に看板とか会話とかで説明を出してチュートリアル替わりにするという方法もあります。
    READMEは基本的に誰も読まないと思った方がいいです。
    また、ほかのアクションゲームと操作方法をできるだけ似せると直感的に操作してもらえると思います。

    コントローラが必要な場合はそれを明記してあると良いかもしれません。
    PCゲームの場合、多少操作しづらくてもキーボードで最低限操作できるようにしてあると親切ですね。
    Unityの場合、入力回りはInputManagerを使用すると多少楽に実装できます。

    制作スキルは公開して作っていくことで身につく部分もあるので、まずは遊んでもらうことだと思います。
    特に、チュートリアルや説明は初めてプレイする側の人間が読むものなのでなおさらです。
    知り合いにやらせる場合も、嫌になってやめるまで一切口を挟まずに後ろで黙ってじーっと見てましょう。
    それでキー操作とかが分からない、みたいな状態だったら改善が必要ということです。
    逆にそういった人のアドバイスとかは別に聞き入れなくていいと思います。

    ストーリーは、まずはキャラクターから作ってみてはどうでしょうか。
    キャラの個性がしっかり立っていれば、それなりにストーリーは回ってくれるので。
    キャラクターの心情や成長といった変化を表現するのがコツです。
    そもそもアクション中心なら、ストーリーは完全に後付けでもいいとは思いますが……。

    TwitterなどのSNSを利用すると、ゲームの宣伝をしたり、ほかのゲーム制作者の情報を聞けたりするのでおすすめです。
    私は制作がどこまで進みました、みたいな形でつぶやいたりしています。
    制作途中の動画や画像などをコンテンツとして乗せてもいいと思います。
    使うのが嫌、とかでなければ始めておいて損はないと思います。

    ゲーム開発は息が長いですが、お互い頑張りましょう。

  5. お返事ありがとうございます。何度も申し訳ないですが、また質問させて頂きます。

    >アクション中心なら、ストーリーは完全に後付けでもいいとは思いますが……。
    の文面ですが、ストーリーは体験版には着けなくともよい、と採ってよいでしょうか?

    SNSで交流をはかるとのことですが、
    Facebookのグループの”Unity助け合い所”に登録を一応しています。
    このグループは、Unityでゲームを作るときに解らないことがあったときに、質問する場なので、
    使えないと思いますが、別に”ゲームについて熱く語る会”というところがあるので、
    そこで、スクショくらいは載せられると思います。短ければ動画も入ります。
    ただ、まだ利用の仕方自体がよくわかってないので、断られるかもしれません。
    基本的に市販されているゲームのみの話題しか出てないみたいでした。

    あと、不確かな情報ですが、Twitterは宣伝に使うと料金が発生すると、
    どこかの書き込みで見た気がするのですが、いるのでしょうか?

    あと、Twitterでゲーム自体を投稿するのは容量がいくつまで…の以前の問題で無理ですよね?

  6. Tanakaさん

    ご返信ありがとうございます。
    そのようなFacebookグループがあるのですね、私も知りませんでした。
    関連したグループでは「Unityユーザー雑談所」などですと、自分で制作したゲームの感想などがもらいやすいかもしれません。

    ストーリーは体験版では「何を見せたいか」で必要不要が変わってくると思います。
    もし、ゲームの売りがアクションであれば、体験版ではアクションだけを体験させてもよいと思いますし、そういう体験版も多いと思います。
    本編の一部、として見せるならばストーリーはあったほうがいいかもしれません。

    Twitterは使用するだけならば料金は発生しません。
    Twitterにあるビジネス向けの機能で、Twitterで出る広告として自分のゲームを載せたりするものがあり、そちらにはお金が掛かりますが、おそらくそちらのではないでしょうか?
    こちらの機能は私も使用したことがありませんが、単に自分のゲームを宣伝するツイートを投稿するだけならばお金は掛かりません。

    Twitterに投稿する場合は、ゲームをアップロードした場所のリンクを貼る形になると思います。
    私の例ですが、こちらのように、ゲームが遊べたり、ダウンロードできるようなページにリンクを貼る形の使い方になると思います。
    こちらの記事で紹介したようなサイトにゲームをアップロードしたり、自分のWebページを作ってそちらにアップロードして公開すれば、TwitterやFacebookで紹介できるようになると思います。

  7. 響音カゲさん、お返事ありがとうございます。

    なんとなく、どうするべきなのかが分かった気がして来ました。
    自分は、自身のWebページをもっていないので、
    こちらの記事のサイトを利用させていただくと思います。

    あと、気になることが、、
    ゲームの評価の書き込みで相当ひどい批判を受けることがある、
    という風に書いてあるページを見つけました。
    ”ふりーむ!”さんはコメントがキツイことが多いでしょうか?

    今の段階では、ゲームがスムーズに動かない(アニメ-ションの遷移とか、カメラ周り)とかがあります。
    ジャンプかダッシュ、カメラリセットを入力すると直るのですが。。
    立ち治れない程の酷評が来るでしょうか?
    体験版でならギリでOKでしょうか?

  8. 響音カゲさん、ご指摘頂いた通り、
    Unityユーザー雑談所に自作ゲームの動画を載せさせて頂いています。
    よろしければ、見ていただきたいです。

  9. Tanakaさん

    ご返信ありがとうございます、響音カゲです。
    私もゲームの評価でひどいコメントが付いているのを確かによく見かけます。
    ですが、プレイヤーは自分が気に入らなければ文句を言ってきます。自分に向いていないゲームだったとしても。
    コメントを書いているときは相手が生身の人間だなんて思ってないので。
    改善点と罵詈雑言は違いますから、あまり気にしないことです。

    ある意味、ひどいコメントは「本来やりたくない人の目に届くほど自分のゲームが広がっている」ことの裏返しでもあります。
    悪評が付くほどのゲームを作れたのなら自信を持っていいと思います。
    ちなみに、私は「ふりーむ!」に1本ゲームをアップロードしていますが、145DLされていても1度もコメントが付いたことすらありません。

    「ふりーむ!」の場合、レビュー機能を切り替えできるので、心配であればそもそもコメントが付かないようにすることも可能です。

  10. Tanakaさん

    ご連絡ありがとうございます、響音カゲです。
    当記事の内容と外れてきますので、詳細なコメントは控えされていただきます。
    クオリティは十分だと思いますので、画面からは確認できない操作回りが安定しているのならば、体験版として出してみてもいいと思います。
    あとは、あちらでコメントしていた方がおっしゃっていた通りだと思います。

  11. 響音カゲさん 動画見てくれて有難うございます。
    クオリティが十分なら操作まわりを改善して、春を目途にアップしたいと思います。
    いろいろお世話になりました。
    このページ関連で分からない事などがあったら、また、コメントします。
    ありがとうございました。

  12. >PCゲームの場合、多少操作しづらくてもキーボードで最低限操作できるようにしてあると親切ですね。

    上の一文ですが、キーボードでは、まず操作できないボタン配置にしかならないと思うのですが、それでも操作できるようにしておくべきでしょうか?

  13. 響音カゲ、お久しぶりです。
    もう一つ聞きたいことがあります。

    コントローラーについてですが、現在Xbox360とXbox Oneのコントローラーで動作確認とれています。
    PC用のコントローラーの設定はしなくても、これで大体いけるみたい?(確かな情報ではない)なのですが、”コントローラーが必要です”と書いておけば伝わるでしょうか?

  14. 大変申し訳ありません。さっき送ったメール、お名前を呼び捨てにしてました。
    再度謝ります。
    スミマセンでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。