自作ゲームを公開するサイトの紹介

ゲームを配布しよう!でも……

自分で作ったゲームが完成したら、たくさんの人に遊んでもらいたいものだ。面白かった、楽しかった、……色々な感想ももらいたい。

しかし、自分のウェブページにアップロードしても誰も見てくれなかった……。

そんな経験はないだろうか?

ゲームを配布する時はただ配布するだけではダメで、必ず宣伝をする必要がある。

そんな時に役立つのが、フリーゲーム公開サイトだ。これらのサイトで公開することで、フリーゲームに興味のある人が見てくれる可能性が高くなる。

今回は、有名な公開サイトをいくつかご紹介しよう。

フリーゲーム夢現

mugen

現在、検索で一番上に出てくるサイト。3666作品投稿されている。

1つのゲームにつき2GBまでと非常に大容量なのが魅力だが、外部にアップロードすることも可能であり、柔軟なフリーゲームの公開ができる。

一番最初の投稿は確認できる限り2001年1月6日。

特徴

  • 2GBの大容量アップロード
  • Google検索でトップ
  • 他サイト等で多重公開可

投稿に必要なもの

  • ゲームタイトル
  • ゲームの簡潔な紹介文
  • ゲームの紹介文
  • 要点
  • ゲーム画面
  • 対応OS
  • 年齢制限、配布形式
  • カテゴリ
  • バージョン、サイズ、最終更新日時
  • コメント、評価の受付の可否
  • 制作者もしくはサークル名

ふりーむ!

furimu

2000年からの老舗サイト『ふりーむ!』。

ゲームのスクリーンショットも管理者が作成してくれる。また、プレミアムサービスが存在し、宣伝機能等を利用することができる。

配信数は10000作品以上。

投稿に必要な文章もテンプレートが用意されていて書きやすい。

特徴

  • 老舗サイト
  • 宣伝機能を利用できる
  • 配信数が多い

投稿に必要なもの

  • プラットフォーム
  • ゲーム名
  • キャッチコピー
  • ゲーム紹介文
  • バージョン
  • 動作OS
  • 動作に必要なファイル、ランタイム
  • 年齢制限
  • 自主規制表現
  • ゲーム説明書
  • readmeに著作者名、ゲーム名を記載

注意点

readmeにも規定があるので注意。私はミスって1回弾かれてます。

WOLF RPGエディター作品登録ページ

wolfrpg

SmokingWolf氏が開発したゲーム作成ツール『WOLF RPGエディター』で作られたゲームを登録できる。

より気軽に登録できるよう、未完成のものや体験版、初心者のものを登録する『初心者作品登録ページ』もある。

あくまで登録のみで、ゲームのアップロードは外部。ふりーむ!やフリーゲーム夢現にアップロードしている人をよく見かける。

また、同サイトでは『ウディコン』と呼ばれるコンテストも開かれている。

特徴

  • ウディタの公式サイト
  • 即時公開される
  • 未完成や初心者作品でも出せる場所が分けられている

投稿に必要なもの

  • 作品名
  • 作者名
  • ダウンロードURL
  • スクリーンショット

フリーゲーム総合サイト

furigesougou

フリーゲームを登録できるサイト。2002年より。

即時公開されるのが良い点か。他サイトよりはちょっと小さ目。

特徴

  • 即時公開される

投稿に必要なもの

  • ゲームタイトル
  • 本文
  • 1文紹介
  • スクリーンショット
  • ゲームの特長
  • ゲームレベル
  • 配布形式
  • 対応OS
  • ゲームの最新アップデート日
  • 一番見て欲しい点
  • 制作期間
  • 作者からプレイヤーへのコメント
  • 作者・制作サークル名
  • 公開サイト名
  • 公開サイトURL

公開のコツ

フリーゲームを遊んでもらうのに一番必要なことは宣伝力だ!

たとえどんなにゲームが良かったとしても、知ってもらわなければプレイしてもらえない。

フリーゲーム公開サイトをはじめ、twitterやホームページ、SNSや友人に宣伝してもらおう!

それでは良いゲームライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。