Overclocked Remix – The Eevee EP

ゲーム音楽のリミックスを数多く手掛ける、海外の古参オンラインレーベル「Overclocked ReMix」は、1999年12月に設立されて以降、数多くのリミックス曲を生み出してきた。

この「Eevee EP」もその一つで、ポケモンのゲーム内BGMのリミックスアルバムとなっている。

各リミキサーの個性が存分に発揮され、いずれもバリエーション豊かな曲に仕上がっている。

1.The Destiny Infinite ~Eevee~ (Road to Cerulean – From Mt. Moon)

シンプルなイージーリスニング系の音でアレンジされた、赤緑のハナダシティまでの道中曲。

アルバムのこの先を期待させるような、静か目のアレンジとなっている。

蛇足だが、金銀ではイーブイはゲームコーナーの商品となっている。この世代からタマゴで増やせるようになったため、全種類揃えられるようになった。

赤緑の頃は1つのROMで1匹しか手に入らなかった(図鑑を埋めることは可能)。

2.BITE ~Umbreon~ (Ice Path)

金銀のこおりのぬけみちのBGMアレンジ。このEP一番のキラーチューン。

原曲を上手く残しながらも、激しいダブステップにアレンジされている。

クラブで使える類のポケモンアレンジは滅多にないため、貴重である。ブラッキーに進化して夜遊びしよう。

ベースとリードがかみ合って気持ちいい。

3.Wet Dreams ~Vaporeon~ (Viridian Forest, Theme of Cerulean City)

アンビエントのような綺麗な持続音の出だしから、少しずつ展開されていく1曲。

水を想起させるような透明感が、シャワーズをしっかりと連想させてくれる。

ところどころに鳴き声が入ってて可愛い。

4.Photosynthesis ~Leafeon~ (Eterna Forest)

ダイヤモンド・パールのハクタイの森のアレンジ。

リーフィアは、この森の中の苔の生えた石の近くでイーブイから進化できる。

環境音を多用した、静かなチルステップに仕上がっている。

5.Ember ~Flareon~ (Theme of Lavender Town)

みんなのトラウマ、赤緑のシオンタウンのアレンジ。重々しいエレキギターを使った1曲。

火のあぜる音などから、ブースター→炎→パンクと連想したのかもしれない。

FRLGをやったことある人なら分かると思うが、リメイク版ではずっと明るい街になっている。

6.Snowflakes in Her Hair ~Glaceon~ [Snowpoint City (Day)]

ダイヤモンド・パールのキッサキシティのリミックス。グレイシアに進化できるのは、この道中にある氷の岩の周辺である。

イージーリスニング系の軽い曲に仕上がっている。ふんわりとした雪を連想したのだろう。なお、実際の雪国はこんなには甘くない。

7.Conundrum ~Jolteon~ [Battle (VS Gym Leader)]

初代ジムリーダー戦のドラムンベースリミックス。ワブルベース等も使われてるので、Drumstepと言った方が正しいかもしれない。

途中でメタル風に変化する。おそらくサンダース→エレキギター繋がりであろう。

8.Half Steps ~Espeon~ (National Park)

「しぜんこうえん」のチルアウトアレンジ。フュージョンを感じさせるようなサウンドメイクやシンセが特徴。途中のリフとかは妙にHerbie Hancockっぽい。

綺麗に作りこまれた音を楽しめる。このEPの中でも特に美しさを感じる1曲だ。エーフィの毛並みもこんな感じに美しい……と(苦し紛れに)言ってみる。

個人的には2曲目と合わせてとっても好きな曲の1つ。

8.WHAT TYPE ARE YOU ~Sylveon~ (Title)

ラストはニンフィア。タイトルに「何のタイプ」とあるように、当時はまだニンフィアのタイプは公開されていなかった。

曲自体はポップなダンスチューンにアレンジされている。最後にタイトルを持ってくるのもまた一興であろう。

途中の転調後に注目。

ダウンロード

公式からダウンロードできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。